今なら円高還元セール中♪

円高…輸出企業には厳しい日々が続きます。
でも、私たちにとっては、輸入品が安く購入できるということでもあるんです。

トリッカーズの本家はイギリス。
だから、今は円高還元で安く買えるチャンス!!

不景気に負けず、上手に円高を利用してオシャレを楽しもう♪

↓↓円高還元セール中のトリッカーズ取扱店にジャンプ↓↓

トリッカーズお勧めの一品

トリッカーズがなんだというウンチクなんかよりも、実物を見てもらった方が早いと思う。。
だから、私は語るよりも先にお勧めを紹介します。



本当にいいモノは、何かが伝わってくる気がする。
私の薦めるこのバーガンディ ダイナイトソールのページに行ってほしい。

魅力的な色、そして存在感。
どれをとっても「さすが…」とため息がもれそう。。



え?勝手に盛り上がるなよって?
そもそも「トリッカーズ」って何だよ?って??

それじゃあ、これから下の記事を見て知って帰ってくださいね。

トリッカーズと似ている紛らわしいブランド名

トリッカーズと似ている、紛らわしいブランド名

そのブランド名は「トラッカーズ(TRAKAR'S)」と言います。
私も最近見つけたばかりで、どういったブランドなのかは正直よく分りません。何か分ったら追記していきたいと思います。


ただ、このブランド名。英語では差異がはっきりしているのですが、カタカナ表記では「トリッカーズ」とされている場合もあるようです。なので、注意が必要ですね。

このサイトがお勧めしているのは「トリッカーズ(Tricker's)」ですのでお間違いのないようにご注意ください。


念のため、ブランドロゴを両者乗せておきますので参考にしてください。左が紛らわしいブランド。右がトリッカーズです。

トラッカーズ.bmpトリッカーズ.bmp

トリッカーズには、基本的に「王冠に3本の鳥の羽」をあしらった紋章が付いています。
また、トリッカーズの場合新品だと価格帯が安くて4万〜になります。参考にしてみてください。

トリッカーズとは?

イギリスで、靴作りの名人ジョセフ・トリッカーが1829年にR.E.TrikersLtdを創立してから5世代経ちました。
もはや、世界的に有名となったトリッカーズシューズは現在も当時と同じ伝統の手法、そして技で製作されています。
トリッカーズ社の靴は、カーフ、オークの皮でなめした靴底を含め最高級の素材のみを用いて、全世界においても比類ない水準を維持しています。
あのチャールズ皇太子のシューメーカーとしても知られています。
ノーザンプトン市内のセント・ミッチェル通りの工場には、『王冠に3本の鳥の羽根』の紋章が掲げられています。これは、チャールズ皇太子の紋章なのです。

トリッカーズ正規品

トリッカーズには『王冠に3本の鳥の羽根』の紋章が掲げられています。人気のある型は品切れの場合もありますが、下のサイトなら数種類のトリッカーズを取り扱っています。
*サイトに右下にトリッカーズのカテゴリーがあります。

Explorer


トリッカーズの手入れの仕方

トリッカーズは本当に高級な靴です。なので、手入れをして大事に使いたいものですね。ただ、高いからという理由で大事にするのではなく、大切にすることで、自分にとってその価値は上がっていくように思います。

専用のシューズクリームもあります。

赤茶系用


ダークブラウン系用


しばらく履かないときはもちろん、普段でもブーツキーパーで形を保っておくことも大切です。

トリッカーズレディース

トリッカーズブーツには、メンズだけでなく、レディースもあります。
販売数自体が少ないため、売り切れになっていることも多いですが、手入れさえすれば一生モノになるトリッカーズブーツです。


トリッカーズブーツには、メンズだけでなく、レディースもあります。
販売数自体が少ないため、売り切れになっていることも多いですが、手入れさえすれば一生モノになるトリッカーズブーツです。
これを履かれていたら、男性は思わず足元を二度見してしまうかもしれませんね。

トリッカーズ通信販売店

トリッカーズを扱っている通販店です。
高価なものをできるだけ安く。
かといって、ひとつのショップですべてのトリッカーズが置いてあるわけじゃありません。
日本だけの別注品、新作などなど、それぞれのショップによってさまざまな顔色のトリッカーズがあります。

FLISCO
trophy
PEDAL
pissenlit choisi
C.POINT
FootMonkey
TIFTON MARKET
シューマートワールド


(*トリッカーズ専門店ではありません)
(*記事を書いた現在で在庫があるお店だけに絞ってあります)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。